私笑(左)

お立ち寄りいただきありがとうございます。
ズボラ主婦おたまです。

かつおは、お刺身にしても煮ても焼いても美味しいお魚。
昨日の朝から「カツオが食べた~い!」と連呼している私です。

そこで今日は【かつお(鰹)】についてお話してみようと思います。

かつおの美味しい時期

かつお

かつおは春と秋が最高!
春は 4月~6月。秋は 9月~11月くらいなのだそう。
とはいえ近年では冷凍のかつおも多く、旬以外でも美味しく食べることが可能ですよね。

我が家ではちょっと贅沢ですが、たま~に…
かつおの有名産地である高知からお取り寄せしています。
一本釣りの藁焼き鰹たたき、とっても美味しいです。

明神水産 本場の美味しい鰹のたたき

お気に入り!

一本釣りの藁焼き鰹たたきを食べきりサイズで届けてくれる、我が家のお気に入り明神水産。土佐漁師伝統の技「一本釣り」で釣り上げ、すぐに船上凍結。近所のスーパーでは味わえないかつおです。

上りがつお(初鰹)と戻りがつおの違い

  • 夏に北上→上りがつお(初鰹)
  • 秋に南下→戻りがつお

かつおは夏になるとイワシを追い、黒潮に乗って三陸沖へ北上します。これが上りがつおです。
秋になり水温が下がりはじめると南下し、戻りがつおと呼ばれるようになります。

上りがつおと、戻りがつおの違いは ズバリ「味」!

泳ぎ回る若いピチピチかつおは、脂肪を蓄える余裕がないのか…
上りがつお(初鰹)は 淡泊な味わいが特徴。
また上りがつおは、戻りがつおよりもカルシウムが多めです。

春の初鰹は脂が少ないので タタキで食べるのがオススメ。
脂は少ないけれど、旨味はたっぷりです。

かつおのタタキ

戻りがつおは丸々と太って南下しますので、脂ののりがよいのが特徴。
上りがつおと戻りがつおでは 脂肪量に10倍の差があるといわれています。
また戻りがつおは、上りがつお(初鰹)よりDHA・EPAが豊富なのだそう。

秋の戻りがつおは脂があります。お刺身で食べるのがオススメ!
新鮮なかつおの皮をひき、厚めに切って旨みを存分に堪能できます。

かつおの刺身

私笑(左)

私は、上りがつお(初鰹)・戻りがつお、どちらも大好きです。
ニンニクや生姜・大葉・ねぎ・みょうが・玉ねぎなどをたっぷり使って、かつおを食べたいなぁ。

かつおの注目したい栄養成分

【かつおの注目したい主な栄養成分】

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミンB1
  • ビタミンB12
  • ビタミンD
  • マグネシウム

ちなみに かつおのアミノ酸スコア「100」!
必須アミノ酸をバランスよく含んでいるかつおは、良質なたんぱく質食材といえます。

かつおは、胃腸が弱っているときや体力が落ちているときの栄養補給に最適です。
ただし体力低下しているときは お刺身よりも火を通したお料理法がよいでしょう。

血行がよくなるため、貧血予防・動脈硬化の予防・血栓予防・不眠の改善にも かつおはよいそうです。

かつおは、タンパク質が豊富で必須アミノ酸(ひっすあみのさん)をバランスよく備えています。
タンパク質中のタウリンが、肝機能の改善や血中のコレステロール値の改善に!
お酒好きな 私たち夫婦にはもってこいのおつまみといえそう。中高年のアルコール好きにはありがたいお魚ですね~。

かつおの血合い部分は、ビタミンや鉄などのミネラルが豊富です。

高知の鰹のぼりとは?

かつおのことを調べていたら「高知の鰹のぼり」というのを目にしました。

鯉のぼりではなく“かつおのぼり”!?

かつおの産地として知られる高知。
高知県の幡多郡黒潮町というところで、子供の成長を願い 平成13年から「カツオと鯉のぼりの川渡し」という行事が行われているそう。
毎年4月下旬頃~5月初旬にかけて行われているようです。

いったいどんなものなの…

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

これだ~!!!

鰹のぼり

青い!これが鰹のぼりなのね。
約100匹にもおよぶ鰹のぼりと鯉のぼりが伊与木川河岸にてヒラヒラと。

鰹のぼりと鯉のぼり

私ははじめて鰹のぼりを知りましたが、もう何年も続いている高知県の行事だったのですね。
かつおのタタキや魚めしなど地場産品の販売出店や、地元中高生による音楽演奏、子供たちへの紙の鯉のぼりプレゼントなど、楽しい催しもあるそうです。

さすが“かつおの高知”ですね。

私笑(左)

さて結局「高知 明神水産の美味しい鰹のたたき」をお取り寄せすることにしました(笑)
かつおの記事を書いていたら我慢できなくなりました~。
藁焼き鰹たたき♪う~ん、楽しみです。

今日もご覧いただきありがとうございました。