私笑(左)

お立ち寄りいただきありがとうございます。
ズボラ主婦おたまです。

子供の頃、好物を聞かれると…
「らっきょう」「いかの塩辛」「大根おろし」!と答えていた私。
「おたまちゃんは 将来のん兵衛になるね~ぇ」とよく言われていたそうです(笑)そしてその通りに成長いたしました。

大根は我が家ではよく使う食材です。
今日は【大根】についてお話してみようと思います。

消化酵素がたっぷりな大根!

大根畑

大根は「胃腸の働きを整える」と聞いたことはありませんか?

私は食べ過ぎの時や消化不良をおこしているかな~と思うときに、ふと大根おろしが食べたくなることがあります。

大根には、消化酵素のジアスターゼなどがたっぷり含まれているそうです。
(ジアスターゼは アミラーゼとも呼ばれます。)

ジアスターゼとは、でんぷんの分解を促す消化酵素のこと。
消化酵素とは、栄養素が消化されるときになくてはならないものです。

消化酵素は栄養素が消化されるときに必要不可欠なもの。
ジアスターゼは胃腸の調子を整えたり、胃腸の働きを助け、消化不良を解消する作用があります。

胃腸

ジアスターゼは、消化促進・消化不良・食欲不振(食欲減退)・食べ過ぎ・もたれ・胸つかえ・消化不良による胃部、腹部膨満感を改善するための「消化酵素剤」としてのお薬にもなっているそうですよ。

大根には消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています。
ジアスターゼは加熱に弱いため生のまま食べるのがオススメです。

大根の消化酵素を活かすオススメの食べ方

大根を「生」で食べるといえば…
大根おろしですよね!

大根おろし

子供のころから私の大好物である「大根おろし」。
その大根おろしが“大根のオススメの食べ方”だったとは。

私は食べ過ぎの時や消化不良をおこしているかな~と思うときに、なぜか大根おろしが食べたくなります。
それは私のカラダが 大根の消化効果を求めているからだったのね…と、おもいっきり納得しちゃいました!

消化酵素のジアスターゼは、生のまま、しかも細かくするほど効果的らしいです。
ですから大根おろしはとても理にかなった大根の食べ方といえそう。
胃もたれなどで胃がすっきりしないときは 大根おろしを食べてみてはいかがでしょう。

大根は風邪のときにもオススメ

大根は風邪をひいてしまったときにもオススメの食材。

大根には、体内の余分な熱をとったり、肺を潤す作用もあるそうです。
風邪の熱・のどの痛み・咳・痰などの 風邪のツライ症状を改善するためにも効果的といわれています。
また利尿作用があるため、むくみやお腹の張りが気になる方にもオススメの食材です。

大根の注目したい栄養成分

【大根の注目したい栄養成分】

根部分

  • ジアスターゼ(消化酵素)
  • ビタミンC
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム

葉部分

  • カロテン
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • 食物繊維

残さずまるごと食べたい大根

大根

大根は上のほうが甘く、下にいくほど辛みが強くなります。
とくに葉に近い上部分は甘みが強いので 大根おろしや大根サラダなどに向いていそう。

大根サラダ

大根の中間あたりは辛みも少なくやわらかいです。
煮物やブリ大根、おでん、ふろふき大根などが美味しそう。

おでん

辛みが強い下の部分は、辛みを活かして薬味のように使うといいそうですよ!
大根をおろして焼き魚のつけあわせに。
私はポン酢に大根おろしを入れ、ピリッとするポン酢ダレをよく作ります。
湯豆腐や焼き肉のたれにいいですよ。

さんまの塩焼き

大根の葉は、ビタミンC・カロテン・カルシウム・食物繊維が豊富です。
葉は色鮮やかな緑色のものが新鮮!貴重な緑黄色野菜となります。
大根の葉はみそ汁に入れたり、煮物や炒め物の彩りに使ったり、さっとゆでておひたしにしたり…

大根の葉

私笑(左)

大根は残さず、丸ごといただける食材ですね。
さて今晩のメニューは、ちょっぴり残っている大根の下の部分をすりおろし、焼き肉のたれと混ぜ、おうち焼き肉に決定。
消化酵素に頼りすぎて食べ過ぎないようにしなくちゃ(笑)
キンキンに冷えたビールで乾杯だっ!!!

スモークレス焼肉グリル

我が家もコレ!

我が家のおうち焼き肉は、煙の発生を少なく抑えてくれ、家でも手軽に焼肉が楽しめる「スモークレス焼肉グリル」を使っています。夫とふたりで焼き肉を楽しむのに丁度いい大きさです。カセットガスを使用するのでアウトドアにも。
価格を比較→スモークレス焼肉グリル CB-SLG-1



今日もご覧いただきありがとうございました。